大切な人にバラをプレゼントしよう!バラの育て方と使い方のコツ

ギフト用のバラは正しい育て方と愛情を込めるのがポイント

大切な人にバラをプレゼントしよう!バラの育て方と使い方のコツ

薔薇

バラは色によって花言葉が異なる!

贈り物としてよく用いられ、様々な場面で使用されるバラですが、色によって育て方も花言葉も違います。例えば、赤色のバラは「灼熱の恋」を意味し、白色のバラは「素朴や素直」という花言葉を持ちます。色によって、花ことばの意味も大きく異なってくるので、間違った気持ちが相手に伝わらないように気をつけましょう。

バラは本数でも花言葉が決まっている

バラは相手に贈る本数によっても花言葉が違ってきます。一本のバラは相手に対して一目惚れしたり、強い思いを伝えるために贈り、99本のバラは永遠の愛を相手に伝えるときに贈ります。本数によってニュアンスが異なるので、送るバラの本数にもしっかりとこだわるようにしましょう。

育てたバラをギフトにする方法

バラは購入することもできますが、もちろん自分で育てることもできます。自分で育てる際には正しい育て方をしないと上手く育ちませんが、しっかりと愛情を込めて育てれば、思いもしっかりと相手に伝わるはずです。育てたバラは、カットして花束にしてギフトにしたり、鉢植えのまま包装して送る方法があります。

バラを贈る際の注意点

バラを贈る際には、害虫などをしっかり駆除した状態で贈るようにしましょう。せっかく贈ったバラがすぐに枯れてしまったらもったいないです。また、バラはサイズも大きくなる場合があるので、贈る場合には相手が持って帰りやすいような工夫をしてあげるととても良心的であると言えます。

女性にバラを贈る際は花言葉もチェック!

贈る相手が女性の場合は、何も考えずにバラを贈るのではなく、しっかりとバラの花言葉を調べて、バラに自分の思いをしっかりと乗せて相手に贈るようにしましょう。そうすれば、思いも伝わります。